虫歯治療

虫歯が悪化すると治療法も変わります。

   診療方針:当院ではできるだけ歯を削らないで残すようにしております。さらに治療には患者さまの痛みなど、心身のご負担も低減するように努力しております。
虫歯治療の方法

歯の断面図

歯の断面図
虫歯治療は図のように、虫歯の進行状態によって治療内容や材料が異なります。
C0:歯の表面が溶け始めた状態
C0:歯の表面が溶け始めた状態
痛みはありませんが放っておくと悪化しますので、正しい歯磨きや定期的な点検が必要です。
C1:虫歯(う蝕)がエナメル質を侵食した状態
C1:虫歯(う蝕)がエナメル質を侵食した状態
   まだ表面のエナメル質だけが虫歯にかかっている部分を削り取った後に歯の色をした樹脂(レジンと言います)や金属で埋めます。虫歯の範囲が限られるため、麻酔をしなくとも治療中痛むことは有りません。
C2:虫歯(う蝕)がエナメル質を貫通し、象牙質まで到達した状態
C2:虫歯(う蝕)がエナメル質を貫通し、象牙質まで到達した状態
   虫歯が象牙質(エナメル質の下で削ると痛いところ)まで達していますから、治療時に麻酔が必要なことが有ります。 虫歯になっているところを完全に取り除き、深いところは、歯髄を保護するためのお薬を詰めます。
C3:虫歯(う蝕)がエナメル質と象牙質を貫通し、内部の歯神経まで達した状態
C3:虫歯(う蝕)がエナメル質と象牙質を貫通し、内部の歯神経まで達した状態
   虫歯菌が、歯髄腔(歯の中に有る神経と血管が入っている空洞。)にまで侵入してしまい、歯の中は感染しています。更なる細菌の侵入や、根っこの外への感染と痛みを防ぐために、歯髄を取り除き歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先に有る歯髄の出入り口)まで薬で完全に塞ぎます。
C4:虫歯(う蝕)がエナメル質と象牙質を貫通し、内部の歯神経まで達した
C4:虫歯(う蝕)がエナメル質と象牙質を貫通し、内部の歯神経まで達した
   虫歯により歯のほとんどが無くなくなり、歯の根っこからはうみがでてくるときがあります。これはむし歯の最終段階になります。
当院の虫歯の処置例
当院の虫歯の処置例
セラミック
周りに気づかれない美しい白さ
当院の虫歯の処置例
銀歯
大きく口を開けると見えてしまうことも
料金表
よくある質問 Q&A
診療予約
診療時間