歯周病治療

歯周病

歯茎の痛みと出血、口臭は歯周病の可能性があります。
歯茎の痛みと出血、口臭は歯周病の可能性があります。

   歯についたプラーク・歯石の中にある歯周病細菌からの毒素で、歯周組織(歯肉、骨)に炎症が生じて骨が吸収し最終的には歯が抜けてしまうことがあります。

   歯周病がひどい場合には、歯周ポケットが深く形成され、歯石が奥のほうまでこびりついて、器具でとりきれない場合もあります。歯石が残っていればそこから毒素が出て炎症が治まりません。このケースは歯肉を開いて、歯石がついているところを直接目で見ながら除去します。

歯周病と全身への影響

   歯周病は歯肉に炎症を引き起こすばかりでなく、歯周病菌が全身に影響を及ぼす感染症でもあります。

   歯周病菌や炎症物質は、歯周組織から血管に入り、血管の壁に付着すろと動脈硬化を引き起こすと考えられています。この結果、心筋梗塞や脳梗塞が起こる可能性が高くなります。

   さらに唾(だ)液に混じった歯周病菌が、誤って肺に運ばれて、誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。

   このように血流によって身体のさまざまな部位に、影響を及ぼす危険性が高まります。歯周病を放っておくことは、見えないところで重大な病気の進行を見逃すことになります。

料金表
よくある質問 Q&A
診療予約
診療時間